どのようにすれば貸事務所を正しく効率よく使うことが出来るか、ICカード情報の管理の仕方などをご紹介します。
Show MenuHide Menu

顧客管理を効率よく行う方法

顧客管理とはそもそもお客さんの立場に立って、どのようなサービスがよいか、どのような商品なら買ってくれるか、また買いたくなる、サービスを受けたくなるにはどのように改善すべきなのか、いわゆる顧客満足度を上げるためにはどうすればよいのかを考え、それを経営に生かす仕組みです。
コンピュータのない時代はひたすらメモを書き、顧客取引の記録を残し、それを蓄積していくという方法がとられていました。
現在ではそういった「手を動かすこと」に関する手間や時間を省き、ソフトウェアを使うことでデータの管理を容易にし、また自動的にどういった施策を行えばよいのかをシミュレーションさせることもできます。
商品もサービスも昔とは比べ物にならないほど多様化し、顧客のニーズも多様化している中、コンピュータをいかに駆使してハイスピードで情報を処理しながら施策を練ることができるか。
それが顧客管理の生命線です。
今仮に顧客管理を行っていたとします。
それが本当に正しい方法なのか、それで成果を出し得ているのかを一度立ち止まって考える必要があるのではないでしょうか。
それほど今の社会の動きは早いです。
企業が成長し続けるためには常に顧客のことを考え、よりよいサービス、商品を提供し続けていく。
顧客管理は売上と利益の拡大と直結している時代、良好な顧客関係を継続することを目標とすべきではないでしょうか。
そのためにまずは商品が受け入れられない理由は何かを徹底的に考えましょう。
それは価格なのか、スペックなのか、提供するスピードなのか、味なのか、アフターケア、季節なのか。
もしいずれかのサービス力が不足していることが分かれば、それを改善するためのアイディアを出す、実際に改善策を実行するなどなど。
そうしているうちに、見えなかった課題まで見えてくることがあります。
潜在的なニーズやウォンツがにじみ出てきます。
そういった課題から再び次の施策を行う準備をします。
顧客情報は多様ですからなかなか一元化することは難しいでしょう。
それを従業員の方に共有するのもまた困難かと思います。
そのためにコンピューターを活用して、時系列に顧客との接触履歴と対応、その後の状況をまとめます。
そして継続的に顧客との関係を記録していき、情報の蓄積を行います。
そうすることによってある程度定型化できますし、顧客の購買サイクルも見えてくるでしょう。
その過程を従業員に共有すれば、顧客管理に対する志氏気付けも行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です