どのようにすれば貸事務所を正しく効率よく使うことが出来るか、ICカード情報の管理の仕方などをご紹介します。
Show MenuHide Menu

顧客管理と顧客情報について

顧客管理を行う際に注意したいのは、顧客情報の取り扱いについてです。
個人情報保護法が制定されて以来、個人情報に対する社会の目は厳しくなっており、うっかり外へ漏れようものなら大変なことになりますし、今ではインターネットが普及しだれでも発信者となれます。
情報が漏れたことにより顧客だけでなくお店の信頼を一瞬にして失うことにもなりかねませんから、顧客情報の取り扱いには十分注意しましょう。
顧客情報の管理はデータ上はコンピュータが行っていても、それを入力するのは人間で、それを利用するのもまた人間であるということを忘れていはいけません。
顧客管理は非常に難しいもので、アルバイトやパートさんに任せられるような代物ではありません。
ビジネスで成功するために顧客情報を集め、管理し、戦略の基礎としていく方向はとる必要がある時代です。
しかしそれを管理する側の人間が時代の流れについていけなければアウトです。
もし、個人情報の入ったデータが、誰かに印刷されて外に持ち出されたとします。
その時点で情報漏洩であると認識しましょう。
「誰が」印刷したのかわからないようなデータの管理の仕方では行けません。
顧客データは企業を生かしもするし殺しもします。
まさにもろ刃の剣、大切な顧客情報にたいしてだれもがアクセスできる環境に置くのではなく、システムによってアクセス制限をかけるか、もしくは逆に全員にアクセスできるようにするものの、社員教育を徹底して施すか二つにひとつですね。
顧客管理はまたお客さんのパーソナルな情報を記録するとともに、次の機会にどれだけアプローチできる材料を作れるかも重要な指針となります。
いかに上手く顧客情報を管理するかが売り上げにも影響してきます。
なのでお客さんの属性情報だけでなく、いつ、何を、どれくらいの量を買ったか、来店頻度はどれくらいかをすべてデータ化して管理する必要があります。
それをもとに次のアプローチ方法を考えます。
ダイレクトメールを送る、メールを送る、キャンペーンの案内をするなどなど。
それがコンピューター上で短時間のうちにできるのが顧客管理の最大の魅力かもしれません。
以前はよく買ってくれたけど最近は全然音沙汰がないというお客さんの掘り起こしもできます。
いずれにしても優良顧客を確保し、優良顧客にお客さんを呼んできてもらう、などなどさまざまな効果が期待できる顧客管理は経営に必要不可欠なものになるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です