二次会で出すための景品

年末には会社の忘年会というのは恒例のイベントになるので、忘年会の幹事になってしまうとお店選びから予算や料理のことなど色々決めることがあります。最近は忘年会というと更に盛り上がるのが二次会なのだそうで、忘年会よりも上下関係なく盛り上がることができるといわれています。そんな忘年会の二次会では必ずするのがカラオケやゲーム大会で、これらをするときに必要なのが景品というものになるのです。これがなければカラオケやゲームは盛り上がらず、色々な商品のご褒美である景品がかかっているからがんばれるといえるようです。この景品にはその会社によっても違うのだそうですが、女性の好きな美容グッズやスイーツであったり男性の好きなゲーム機は人気なのだそうです。この商品の内容次第で、忘年会の二次会が楽しめたかどうかにもかかります。

結婚式の二次会で迷うのが景品選び

私ももう少しで30歳になるので、周りの友人の多くが結婚をしています。私は友人が多いことが自慢の一つで、結婚式なども多数出席しました。また友人に結婚式の二次会の幹事を頼まれることも多いと思います。結婚式の二次会で迷うことが、景品をどうするかです。一人あたりの参加費を少し高くして景品を豪華にするか、参加費は安く抑えそれなりのものにするかなど方法は色々とあると思いますが、絶対に豪華なものの方が盛り上がります。豪華なものであればほしいと思う人もたくさんいると思いますし、お酒の勢いもあるので、とても楽しくスムーズに進行できると思います。私のつい最近の結婚式の二次会では、一等がレジャー施設ペアチケット、二等がゲーム機、三等は商品券にしました。特にレジャー施設ペアチケットはいつでも人気が高く、絶対に景品にいれておきたいです。

結婚式の二次会のゲームの景品

結婚式や、披露宴は、新郎新婦が半年以上かけていろいろと打ち合わせをして決めることが多いです。ウェディングプランナーの人と、何度も打ち合わせをしますが、結婚式場のある程度のプランがあるので、それにオプションをつけたりします。しかし、二次会は、新郎新婦の友人や同僚などが幹事になり、結婚披露宴に招待できなかった友人などをたくさん招待し、大人数で行うことが多いです。広いバーなどを貸し切り、立食形式で行うことも多いです。二次会では、ゲームをすることも多く、とても盛り上がります。ゲームは景品があるので、当たった人は前に出て、新郎新婦にお祝いの言葉を言ったりします。二次会は会費制が多いので、会費の一部を使って景品を購入します。景品は、旅行券や、電化製品、テーマパークのペアチケットなどの高価なものもたくさんあります。

Leave a Reply

Required fields are marked *


*